FANDOM


グレゴリー・ペック
Gregory Peck
Gregory Peck
グレゴリー・ペック
本名 Eldred Gregory Peck
生年月日 1916年4月5日
没年月日 2003年6月12日(満87歳没)
出生地 Flag of the United Statesアメリカカリフォルニア州
民族 イングランド系アメリカ人
アイルランド系アメリカ人
ジャンル 俳優映画テレビドラマ
活動期間 1944年-2003年
活動内容 1944年:デビュー
1962年アカデミー賞受賞
1996年:引退宣言
2003年:死去
主な作品
パラダイン夫人の恋
白昼の決闘
ローマの休日
ナバロンの要塞
アラバマ物語
受賞
アカデミー賞
備考
ハリウッド名声の歩道

グレゴリー・ペックGregory Peck;出生名 Eldred Gregory Peck、1916年4月5日 - 2003年6月12日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身の俳優

プロフィール 編集

アイルランドおよびイングランド系の父親[1][2]イングランド系の母親[3]のもとに生まれる。カリフォルニア大学バークレー校にて医学を勉強していたが演劇に興味を覚え、卒業後ニューヨークに移って俳優養成学校のネイバーフッド・プレイハウスで演技を学んだ。 

ブロードウェイの劇場でデビューの後、1944年映画デビュー。1962年には『アラバマ物語』でアカデミー主演男優賞を受賞した。また、チャールトン・ヘストンを向こうに回し、東西の大スター対決と銘打っていたウエスタン(西部劇)の名作『大いなる西部』での紳士的な主人公や『ローマの休日』の新聞記者役としても知られる。

こうした初期のころからのイメージそのままに、1960年代後半から1970年代初頭までは、理知的で紳士な風貌が似合う役柄が大半を占めていたが、1976年のオカルト大作『オーメン』以降は打って変わって性格俳優的な雰囲気が漂うようになり、1978年『ブラジルから来た少年』では、マッドサイエンティストを怪演するなど変貌を遂げ、カルト映画ファンからも一目置かれる存在になった。 

1996年に一度現役引退を表明したが、2年後にはTV映画作品『モビー・ディック』に出演、テレビを中心に活躍した。2003年には、アメリカ映画協会が選んだ「映画の登場人物ヒーローベスト50」の第1位に『アラバマ物語』のフィンチ弁護士が選ばれており、誠実で正義感にあふれる彼のキャラクターは現在でも人々に愛されている。

政治に関してはリベラルな発言が多かったため、リチャード・ニクソン大統領からは政敵リストに載せられるほど警戒されていたという。人望を買われて政界進出の噂が周囲から出た(オーソン・ウェルズにも大統領になるよう薦められていたという)が、本人は「すでに自分は大統領役や歴史上の偉人をもう何人も演じている。もうこれだけで充分ではないか?」と答え完全否定。あくまで俳優として職を全うすることを公言したエピソードが知られる。

アカデミー協会の会長やハリウッド俳優組合の会長など各種映画団体の会長や理事、アメリカ癌協会などでも理事を務めた。ダブリン大学のフイルム・スクールの後援者でもあった。2度の結婚で5人の子供がいる。

主な出演作品 編集

脚注編集

  1. Freedland, Michael. Gregory Peck: A Biography. New York: William Morrow and Company. 1980. ISBN 0688036198 p.10
  2. United States Census records for La Jolla, California 1910
  3. United States Census records for St. Louis, Missouri - 1860, 1870, 1880, 1900, 1910

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:アカデミー賞主演男優賞 1961-1980

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はグレゴリー・ペックにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki