FANDOM


オーシャンズ12
Ocean's Twelve
監督 スティーブン・ソダーバーグ
脚本 ジョージ・ノルフィ
製作 ジェリー・ワイントローブ
製作総指揮 ブルース・バーマン
スーザン・イーキンス
ジョン・ハーディ
出演者 ジョージ・クルーニー
ブラッド・ピット
マット・デイモン
ジュリア・ロバーツ
ヴァンサン・カッセル
音楽 デヴィッド・ホームズ
撮影 ピーター・アンドリュース
編集 スティーヴン・ミリオン
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 2004年10月10日 アメリカ合衆国の旗
2005年1月22日 日本の旗
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
製作費 $110,000,000[1]
興行収入 $362,744,280[1] 世界の旗
$125,544,280[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
36億円[2] 日本の旗
前作 オーシャンズ11
次作 オーシャンズ13
  

オーシャンズ12』(オーシャンズ・トゥエルブ、原題: Ocean's Twelve)は、2004年アメリカ映画2001年に公開された『オーシャンズ11』の続編。ダニエル・オーシャンと彼が率いる11人の仲間たちが、舞台をヨーロッパに移し、フランスの大泥棒「ナイト・フォックス」と対決する犯罪アクション。また、シリーズの看板である豪華キャストも、前作からの主要キャストに加え、キャサリン・ゼタ=ジョーンズヴァンサン・カッセルを起用している。

2007年に続編の『オーシャンズ13』が公開された。

ストーリー 編集

ダニエル・オーシャンとその仲間たちが、テリー・ベネディクトのカジノから1億6千万ドルの大金を盗み出すことに成功してから数年後。オーシャンは、テスとの再婚を果たして幸福な生活を送り、またラスティはホテル業界に参入するなど、各々が自由気ままな生活を送っていた。

しかし、そんなメンバー1人1人の面前に突如ベネディクトが現れる。ベネディクトは、2週間以内に盗んだ1億6千万ドルに利子を付けて返すように迫る。オーシャンたちは使ってしまった金や利子の分を埋めるため、再び全員で仕事をすることを決意するが、前回のカジノ強盗によりアメリカ本土では動きづらくなっていた。そこで舞台をヨーロッパに移す。

ヨーロッパにやってきたオーシャンたちは綿密な計画を立てて、数々の盗みを遂行していくが、オーシャンたちが盗む前に必ず獲物があるはずの場所に黒い狐の置物が置かれ獲物は既に奪われた後。困ったオーシャンたちは、かつてヨーロッパでその名を知られた往年の大泥棒の下を尋ねると、彼の弟子であるナイト・フォックスが関わっているという。

やってきたオーシャンを前に「世界一の泥棒」を自負するナイト・フォックスことフランソワ・トゥルアーは、オーシャンたちの情報をベネディクトに渡したのは自分だといい、自分との勝負に勝てば、金も全て立てかえてやるとオーシャンを挑発する。

そしてオーシャンズは、テスを交えた12人で、ローマの美術館で展示される「ファベルジェの卵」を巡ってナイト・フォックスと対決するが、ユーロポールの敏腕美人捜査官という難敵が現れる。

解説 編集

今作の舞台はヨーロッパということで、アムステルダムのピューリッツアホテル、カッテンカビネット、コーヒーショップ(オランダではソフトドラッグを扱う店のこと)やハーグの市庁舎、モンテカルロコモ湖ローマパンテオンやコンドッティ通り、シチリア島のカステッランマーレなどが登場する。

シンプルなストーリー展開の強盗劇であった前作とは趣が異なり、本作のストーリーは複雑である。隠語、さり気なく置かれたキーワードなど、2度目以降の鑑賞で理解を深められるような要素も少なからず盛り込まれている。

登場人物とキャスト 編集

前作の人物欄も参照のこと。

オーシャンとその仲間 編集

ダニエル・オーシャン(ジョージ・クルーニー
主人公。前作でテスとよりを戻し幸せな生活を送るも、2度目の結婚の3周年の記念日にベネディクトの訪問を受ける。
ラスティ・ライアン(ブラッド・ピット
オーシャンの右腕であり、計画の直接的な実行役。前作のカジノ強盗の報酬を元手にホテル経営に乗り出すが、経営は火の車。その挙句にベネディクトの訪問を受ける。
テス・オーシャン(ジュリア・ロバーツ
オーシャンと再婚し、現在は専業主婦。泥棒稼業を批判しているが、オーシャンズの人手不足を補うために計画に参加することとなる。
ライナス・コールドウェル(マット・デイモン
スリ。前作のカジノ強盗で自信が付き、報酬を元手にオーシャンズのような自前の窃盗団を作ろうとしているが上手くいっていない。今回の計画では自ら進んで参加したが、オーシャンズを「組織」として捉えているため、少し浮いてしまっている。一人前に扱ってほしいが適わず両親にもからかわれているらしい。
フランク・キャットン(バーニー・マック
イカサマディーラー。極端な手フェチ・爪フェチ・ネイルサロン好きが高じて、現在はネイルサロンを経営。カジノ強盗後しばらくはラスティと行動を共にしていたため、オーシャンズの中で唯一、ラスティとイザベルの関係を知っている。
バシャー・ター(ドン・チードル
爆発物・兵器の専門家。ラッパーに転職するが、放送禁止用語ばかり口にしてしまい上手くいっていない。
バージル・モロイ(ケイシー・アフレック
双子のモロイ兄弟の兄。前作と変わらず弟との仲は悪いが何故かいつも一緒にいて、仕事は基本的に弟と一緒。結婚するも、ベネディクトの訪問を受ける。
ターク・モロイ(スコット・カーン
双子のモロイ兄弟の弟。前作と変わらず兄との仲は悪いが何故かいつも一緒にいて、仕事は基本的に兄と一緒。
イエン(シャオボー・チン
軽業師。前作のカジノ強盗の報酬でマイアミに豪邸を購入し自由に過ごしていたが、手を付けた事業は失敗し美人モデルとの関係もうまくいかず散々な状況。
リヴィングストン・デル(エディ・ジェイミソン
電気・通信の専門家。お笑い芸人になったがスベってばかりいる。親と同居。強盗の分け前には手を付けていないが、利子が払えないために計画に参加する。
ルーベン・ティシュコフ(エリオット・グールド
ホテル経営に精を出す実業家で資産家。前作のカジノ強盗後には株式投資で資産を増やす。同業者としてラスティを案じている。
ソール・ブルーム(カール・ライナー
往年の詐欺師。隠遁生活を送り、カジノ強盗の報酬にも手をつけていない。今回は計画に参加することを拒否し、「金は全部使って死ぬ」と言い残して一旦はオーシャンズを離れる。

ヨーロッパ 編集

フランソワ・トゥルアー(ヴァンサン・カッセル
怪盗「ナイト・フォックス」。表向きは貴族の称号を持ち、いくつもの事業を成功させているフランス人だが、金と暇を持て余して裏稼業に手を出している。自分を「世界一の泥棒」と自負し、現に数々の盗みに成功している有名な大泥棒であるが、前作でオーシャンにベネディクトがカモだと薦めた保険会社の人間が「オーシャンこそ最高の泥棒」と言い師匠のギャスパーが否定しなかったためオーシャンをライバル視し、ベネディクトにオーシャンたちの情報を渡すという裏世界の掟を破って彼を勝負に引き込む。
イザベル・ラヒリ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
ユーロポール捜査官。ラスティの元恋人。窃盗団系の専門で、ナイト・フォックスや彼の師匠を追っているが、ヨーロッパにやってきたオーシャンズの存在と、その思惑に気付きいち早く彼らを追う。頭脳明晰で優秀な捜査官であるが、ラスティとの過去の関係から行き過ぎた行為に及ぶこともある。家は貧しい母子家庭だった。
ギャスパー・ルマーク(アルバート・フィニー)非クレジット
かつてヨーロッパで名を馳せた大泥棒であるが、現在は全く活動せず、表舞台では生死すら不明。トゥルアーを後継者として自身の技術を教え込む。オーシャンやラスティとも面識があり、自分の不手際が今回の件をもたらしたとして彼らに助言を与える。

その他の人物 編集

テリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア
ラスベガスの3大カジノのオーナー。ナイト・フォックスの情報によりオーシャンズの居場所を割り出し、メンバー1人1人の下を訪れながら、前作で盗まれた金とそれに高額の利子を付けて返すように脅迫する(ただし、前作の損害はすべて保険でカバーされている)。
ブルース・ウィリス(本人)
本人役によるカメオ出演。私的にヨーロッパを訪れている。

日本語吹き替え 編集

役名 ソフト版 テレビ版
オーシャン 小山力也 磯部勉
ラスティ 細井治 堀内賢雄
ライナス 竹若琢磨 桐本琢也
フランク 茶風林 銀河万丈
バシャー 大黒和広 檀臣幸
バージル 落合弘治 村治学
ターク 木下浩之 古田信幸
イエン 小野塚貴志 (原語のみ)
リヴィングストン 渡辺穣 田原アルノ
ルーベン 富田耕生 内海賢二
ソール 大木民夫 富田耕生
テス 佐々木優子 勝生真沙子
トゥルアー 大塚芳忠 森田順平
イザベル 沢海陽子 山像かおり
ル・マーク 稲垣隆史
ベネディクト 内田直哉 大塚芳忠
ウィリス 岩崎ひろし 内田直哉
ローマン 諸角憲一 江川央生
モリー 磯辺万沙子 沢田敏子
  • テレビ版の初放送は2007年8月10日 日本テレビ系「金曜ロードショー」21:03-23:14
    • 翻訳:松崎広幸 演出:清水洋史 効果:サウンドボックス 調整:阿部直子 スタジオ:オムニバスジャパン 制作:稲毛弘之・直原涼子(東北新社
    • ソフト版(および前作のソフト・テレビ両版)では日本語で吹き替えられているイエンの声がテレビ版では原語のままになっている。

その他 編集

  • カメオ出演で本人役で出ているブルース・ウィリスだが、前作の段階で当初ダニエル・オーシャン役といわれていた。
  • 今回の撮影は3週間と短期であった上、スケジュール都合によりマット・デイモンが途中参加となった。そのため、最初イメージが湧かない時にはブラッド・ピットが状況説明をしながら撮影を進めたと言われる。
  • テレビ朝日の情報番組『SmaSTATION』にて前作(『オーシャンズ11』)を観ていない稲垣吾郎が「前作よりも面白くなかった」と映画評論し、テンプレート:要出典範囲。(後に稲垣は前作を観ていないと自分で暴露した。)
  • 来日記者会見の際、(リップサービスで)ジョージ・クルーニーは「次作は日本が舞台になるでしょう」と述べていた。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 Ocean's Twelve (2004) (英語). Box Office Mojo. 2010年4月8日閲覧。
  2. 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2005年(1月~12月). 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月8日閲覧。

外部リンク 編集

テンプレート:スティーブン・ソダーバーグ監督作品bg:Бандата на Оушън 2 ca:Ocean's Twelve da:Ocean's Twelve de:Ocean’s Twelve el:Η Συμμορία των Δώδεκαes:Ocean's Twelve fa:دوازده یار اوشن (فیلم) fi:Ocean's Twelve fr:Ocean's Twelve he:אושן 12 hr:Oceanovih dvanaest hu:Ocean’s Twelve – Eggyel nő a tét it:Ocean's Twelve nl:Ocean's Twelve no:Ocean's Twelve pl:Ocean's Twelve: Dogrywka pt:Ocean's Twelve ru:Двенадцать друзей Оушена sq:Ocean's Twelve sr:Поново у игри sv:Ocean's Twelve tr:Ocean's Twelve zh:瞞天過海2:長驅直入

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki