FANDOM


映画 編集

インシテミル
7日間のデス・ゲーム
監督 中田秀夫
脚本 鈴木智
原作 米澤穂信
製作 ウィリアム・アイアトン
堀義貴
宮崎洋
製作総指揮 小岩井宏悦奥田誠治
出演者 藤原竜也
綾瀬はるか
石原さとみ
阿部力
平山あや
石井正則
大野拓朗
武田真治
片平なぎさ
北大路欣也
音楽 川井憲次
主題歌 May'nシンジテミル」(flying DOG
撮影 林淳一郎
編集 高橋信之
製作会社 「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」製作委員会
配給 Flag of Japan ワーナー・ブラザース映画
公開 Flag of Japan 2010年10月16日
上映時間 107分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
興行収入 12.2億円[1]
  

インシテミル 7日間のデス・ゲーム』のタイトルで、ホリプロ50周年記念作品として2010年10月16日に丸の内ピカデリー3新宿ピカデリー渋谷TOEI2シネリーブル池袋ほか全国松竹系で公開された。2010年10月16,17日初日2日間で興収2億573万7600円、動員は15万1558人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった[2]。ワーナー・ブラザース映画初の日本映画海外配給作品としてフランス、オランダなど世界28か国地域で配給も予定されている[3]

2010年8月16日よりTSUTAYAで『インシテミルをもっと楽しむメイキングDVD』付前売券が発売。 aja.jpでは映画を記念した時給112,000円のアルバイトが実際に募集された[4]。2010年10月15日にはテレビ特番・金曜スーパープライム『天国と地獄ツアーin香港・超豪華&超珍品料理に絶叫!』と『映画情報シネマガ拡大版「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」公開記念SP!!』が放送、10月18日には『藤原竜也のオールナイトニッポンインシテミルスペシャル』がオンエアされた。

キャスト 編集

スタッフ 編集

原作との相違点 編集

  • 釜瀬と箱島が登場しない。
  • 一部人物を除き、人物設定が大きく異なる。
  • 一部人物を除き、割り振られる凶器が異なり、ネイルガンが登場する。

キャッチコピー 編集

  • 究極の心理戦。参加者10名決定!
  • 時給112,000円の心理戦、参加者10名。
  • 死ぬか、稼ぐか。
  • 死の推理ゲームを制し、生き残って大金を得るのは、誰だ?
  • 俺を殺すのは、誰だ?

テンプレート:中田秀夫


引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki