FANDOM


アルタード・ステーツ 未知への挑戦』(あるたーど・すてーつ みちへのちょうせん、英: Altered states)は、1979年[1]アメリカSF映画

概要編集

ジョン・C・リリー博士による感覚遮断実験での変性意識状態(Altered_state_of_consciousness)をモデルとした映画で、当初はアーサー・ペンが監督に予定されていた。また原作者で脚本家のチャイエフスキー(オスカー像獲得の常連である)は、ラッセル監督のケレン味たっぷりの演出に嫌気がさして、脚本のクレジットから名前を削ることを要請し、原作者のみの扱いになり、脚本のクレジットは、彼のミドルネームから構成された変名になった。

ストーリー編集

人間の身体には、魚類から両生類爬虫類鳥類などを経た哺乳類への進化のプロセス、あるいはそれ以前からの進化のプロセスが詰まっているといわれる。それを遡って生命の根源を探究したいと考えた科学者は、アイソレーション・タンク幻覚剤を用いて、自らを実験台にした研究を開始する。しかしやがて彼の肉体に予期せぬ変化が訪れる。

スタッフ編集

キャスト編集

論争編集

公開当時、『ロッキング・オン』誌と『宝島』誌の間で、この映画の解釈と評価をめぐる論争が起こった。前者の編集者の渋谷陽一は自らのコラムで「西洋の行き詰まりに未開社会の文化を導入するという定型にはまっている」と書いた

脚注 編集

  1. 映画 アルタード・ステーツ/未知への挑戦. Allcinema. 2010年12月16日閲覧。

外部リンク編集

fr:Au-delà du réel (film) it:Stati di allucinazione no:Eksperimentet pl:Odmienne stany świadomości (film) pt:Altered States ru:Другие ипостаси (фильм)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki